【ラーメン二郎京都店】京都唯一の直系二郎店。デカ盛り量なメニューを注文して、はんなりといただきます。(分かりやすい入店ナビ付)

ラーメン二郎京都店
@京都府京都市

 

どうもっ!  
”りょう”(Twitter@web59350062です!

<今日のあるある>
行列に並んでる間、自分より後ろの人が先に食券購入してると焦る💦

 

今回は先週掲載した“三重・京都遠征”の続きです😊

前回までの遠征中に訪問したお店はこちら👇

関連記事

ラーメン池田屋 京都一乗寺店@京都府京都市 どうもっ!  ”りょう”(Twitter:@web59350062)です!<今日のあるある>「周りが麺固めにしていると麺普通でいいのか不安になりがち」 昨日に続いて三重・京都編&#[…]

関連記事

中華そば 髙安@京都府京都市 どうもっ!  ”りょう”(Twitter:@web59350062)です!<今日のあるある>「ライスにつく漬物はめちゃんこうまい」 連休にふらっと西へ遠征したときのお話の続き。深夜に山梨を出発[…]

関連記事

無鉄砲総本店@京都府木津川市 どうもっ!  ”りょう”(Twitter:@web59350062)です!<今日のあるある>「咳する人、周りが離れがち」 連休がとれたのでふらっと西へ遠征したときのお話💡前回は[…]

関連記事

らーめん 鉢ノ葦葉@三重県四日市市 どうもっ!  ”りょう”(Twitter:@web59350062)です!<今日のあるある>「旅行の宿泊先で目覚めたとき、一瞬どこかわからずテンパる」 久しぶりに会社で長い連休がとれたので[…]

 

本日はいよいよ人気店の「ラーメン二郎京都店」へ訪問。

言わずもがな関東を中心に人気を誇る「ラーメン二郎」の関西初のお店です。

本店は東京・三田。

デカ盛りな量で多くの若者の胃袋を満たすラーメンとして有名ですね^^

 

京都店は京都市一乗寺にあります。

ラーメン激戦区の一乗寺にオープンということもあり、開業当時はかなり話題になってましたね🤣

かなり人気もあり、行列ができるのが日常茶飯事だったようですよ😲

京都らしいラーメントッピングもあり他の店舗と比べてオリジナリティがあります。

 

なお近くには同じ二郎系で前回訪問した「池田屋」さんも。

個人的にかなり味は異なる印象なので、ぜひ食べ比べてみたもらいたいです。

今回と前回の記事で予習してみてくださいね💡

 

お店の紹介


店名:ラーメン二郎京都店

住所:京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町4



最寄駅:叡山電鉄叡山本線「一乗寺駅」から40mくらい

電話番号:非公開

営業時間:
月〜土曜日 11時〜14時半(木曜のみ14:00)17時半〜21時半
日曜 11時〜15時

定休日:水曜日+不定休

facebookなし

Instgram:なし

Twitter:ラーメン二郎京都店

HP:なし

(名前をクリックすれば各サイトに移動できます)

※変更となる場合もあります。訪問時は事前に確認ください🖐


一乗寺駅から徒歩30秒!!


 

京都市一乗寺エリア。

お店は叡山鉄道の一乗寺駅から徒歩30秒。

もし京都駅から一乗寺駅に行くには電車よりもバスの方が乗り換えなしで行けるのでオススメです😁

(詳細は「中華そば髙安」の記事に書いてます)

 

(お店の右側の光景)
(ラーメン二郎京都店付近の駐車料金の安いコインパーキング)

 

車で行く場合はお店の専用駐車場がありません。

写真のようにお店の東側にある駐車場が近くて結構安かったです(徒歩30秒くらい)。

 

 

お店の外観。

京都の景観条例に伴って、看板はいつもの黄色・赤色ではなく、白をベースにしたものです。

 

正面真ん中にある扉は「出口」です。

左側にある細い通路から入りましょう^^

 

 

通路内はこのように行列ができていることがあるので並びます💡

木曜日の13時頃ですが、外待ち10人ぐらいです。

 

通路内にはいろんなポスターが掲示されてますので、それを見ながら列に並んでました。

「ジロリアン睦」さんの試合のポスターもありましたよ!!

 

メニュー


(店舗前に掲示されているメニュー)

 

〇脂飯 100円
〇生卵 60円
〇九条ネギ 60円
〇辛味 50円

注文は食券制

お店の入り口に券売機があります。

購入のタイミングですがまだ外で待っている間に購入する方もいました。

ですがお店に入ったぐらいのタイミング(外待ち3.4番目くらい)で買っても問題なさそうでした💡

 

 

「ラーメン大盛り」の食券は販売されてませんでした。

恐らく初見のお客さんが面白がって買わないようにという対策でしょうね💡

 

また名前の書いていないピンクの食券(150円)が販売されています。

こちらは「豚増し」になります。

 

京都らしく「九条ネギ(60円)」のトッピングがあります😋

値段もお手頃ですね。

ラーメン並800円は二郎にしては少し高い値段設定。

ですが九条ネギなどのトッピングやラーメン多め(820円)はコスパがいいです😁

 

店内の様子


 

細い通路を通過してから入店。

手前右手には券売機(写真右側)が設置。

左手には飲料の自動販売機と給水器・コップ・レンゲが置いてあります。

 

店員さんの指示に従い、呼ばれたら水を汲んでレンゲを持って着席します。

店内も通路が細く往来が大変なので先に水は汲んで置きましょう^^

 

店員は店主さんと若い女性助手さんの2人。

店内BGMは東京のFMが流れてました♪

 

 

席はL字のカウンター14席で構成されています。

卓上の調味料はコショウ、七味、ブラックペッパー、カエシの醤油。

 

カウンター席に対して、調理場が高い位置にあるので調理風景はよく見えないですね。

まあ気長に待ちましょう^^

 

ラーメン多め(+豚増し+九条ネギ+生卵)


 

自分のラーメンが提供される直前に「ニンニク入れますか?」と店員さんからコールを聞かれます。

ここで「野菜・ニンニク・背脂の量・醤油の量」を答えましょう。

初めての方は「ニンニクマシ」がオススメ💡

二郎の場合はニンニクを入れた方が美味しくいただけますよ。

ニンニクなど何も入れない場合は「そのままで」と返答しましょう☝

 

外で並んでから30分ぐらいで到着。

思ったよりも早かったですね!

僕は今回「ニンニクマシマシ」で注文。

ですが、野菜がかなり多いように見えます。

 

そしてなんといっても豚のビジュアルが凄い!!

豚増しにしたとはいえ、量も多いし、1つずつが大きそうです(=゚ω゚)ノ

 

 

微妙に乳化している醤油のスープ。

醤油のキレはそこまでつよいわけでなく、甘味も同時に感じられます。

背脂も浮いているのも甘味が感じられる理由かも。

豚のダシがめっちゃ凝縮されてます。

最初のスープを啜って、この店に来てよかったと思えましたね🤩🤩🤩

 

 

麺は平打ちの太麺でウェーブがかかったもの。

ただ、二郎の中ではそこまで太くないです。

モチモチしていてスープを吸っているのでまるで一体化してますね~!

ゴワっと感がないので食べやすいです😆

 

近所にある池田屋のような芯がしっかりある麺とは全く異なってます(^^♪

 

 

まるで大型トラックのタイヤみたいな豚がゴロゴロ入ってます。

チャーシューというよりもはや塊です(笑)

 

全国各地でいろんなラーメン食べてきましたが、この厚さはトップクラスですね🤣

厚みはありますが、しっかり煮込まれており柔らか~な豚バラ肉です!

これはもはや満点に近い神豚!!!

 

 

野菜はノーマルでも多めです。

茹で加減は少し固めです。

麺が柔らかめだからバランスとれてますね^^

 

ニンニクは結構盛りがいいです。

粒の大きさは粗すぎず、細かすぎずの標準サイズ💡

 

 

生卵と九条ネギ。

ネギの青い色合いがとても新鮮そうです✨

 

関西ではネギは青い部分をメインに食べるらしい、、、。

山梨と逆やないか!🖐

 

 

ネギと麺を絡めると少し違った食感とともにネギの風味を感じながら頂けます^^

味変にいいかも😀

 

 

玉子と豚を絡めてすき焼き風に💡

これは最高の贅沢やわ~(*´Д`)

 

完食しましたが、かなり満腹😫

本日も最後まで大変おいしくいただきました🙏🙏🙏

 

まとめ


 

はいっ!!!ごちそうさまでしたーーーー!!!

 

ラーメン二郎京都店さん、、、

★一乗寺エリアのラーメン店で1番好きなお店です★

単純に僕の好みのお店ですね!

麺がモチっとしていてスープとの絡みが秀逸。

そして豚の厚さが飛びぬけてます(*´▽`*)

提供されたときは「本当に豚増しにして食べられるんだろうな??」と店員さんからのプレッシャーを感じましたね(妄想ですがw)

 

若干料金設定は高めかなと食べる前は思ったけど、これは納得の設定ですね。

また京都ならではのトッピングもはるばる遠方から来てよかったと思える要素。

食べ終えて退店する際の「おおきに!」の店員さんの挨拶も新鮮でした(^^♪

 

是非、一乗寺に来たら食べてほしい1杯。

初めての場合は量が多いのでラーメン並を、女性なら「ラーメン半分」がオススメです!!

 

 

ここまで最後までお読みいただきありがとうございました😎😎😎