【貪瞋癡】佐藤健や千鳥ノブも絶賛!!ミシュランにも掲載された行列のできるラーメン店で2杯食べちゃったよ。

貪瞋癡
@富山県氷見市

 

どうも~!

”りょう”(Twitter:@web59350062)です^^

<今日のあるある>

寝っころがりながら携帯をいじってると、たまに手が滑って顔面に落ちて来がち

 

昨日に続いて富山遠征シリーズの続き。

富山に行く前に、長野の「麺とび六方 松本本店」さんで、

モチモチ麺の二郎インスパイア系ラーメンを

がっつり堪能しました✨

関連記事

麺とび六方 松本本店@長野県松本市 「昔のお鍋に使うような漆器のレンゲを使う、味噌ラーメンの専門店は、だいたい美味しい(気がする)」見た目もこだわる”りょう”(Twitter:@web59350062)です😜[…]

 

そして訪れたのは富山県氷見市

ミシュランガイドブック北陸で、

ビブグルマンの評価を受けたことがあるのが貪瞋癡(とんじんち)」さん。

 

俳優の佐藤健さんとお笑いタレントの千鳥のノブさんが、

YouTube企画でこちらのお店に来訪。

美味いと豪語され、

うますぎて2人で2杯ずつラーメンをペロリしてます😜

 

食べログのラーメン百名店2020(西日本)にも、

選ばれた名店で、連日行列必至なお店です💦

 

今回僕も佐藤健さんとノブさんが食べた2杯を、

いただきました。

はい、店内で2杯連食しました(笑)

 

それでは本編をどうぞ!!(*´Д`)

 

お店の紹介


店名:貪瞋癡

住所:富山県氷見市朝日本町1−1

最寄駅:JR氷見線「氷見駅」から400mくらい

電話番号:0766-72-0104

営業時間:11:30~14:00

定休日:月曜日

HP:食・麺・呑・笑・貪瞋癡

(名前の部分をクリックすれば各ページへ移動できます👆)

※変更となる場合もあります。訪問時は事前に確認ください🖐


氷見市街地にあるラーメン屋に見えないお店


 

今回、外観の全体は取り忘れましたが、

見た目は普通の家の様ですし、

お店の名前がローマ字でさりげなく書いてあるので、

スルーしちゃいそう😲

 

こちらのお店は、元々「焼酎屋とし」という、

居酒屋がメインのお店。

今も夜は居酒屋なので、その雰囲気が佇む感じ。

 

ラーメン屋とわかりづらいですが、

近くに行列ができているので、

何かあるんだろうなと思わせます🤣

 

 
ハナちゃん
近くには「氷見ラーメン」と書かれた、
看板のあるラーメン屋さんがあるけど間違えないようにね!!

(入口にある張り紙)

 

お店は氷見市の市街地内。

氷見駅や氷見港から少し離れたところ。

住宅が多いけど、飲食店がチラホラと散財するエリア。

近くには、湊川が流れてます。

 

外で待つ際は、写真のようにお店の向かいにある

歩道に並びましょう^^

 

氷見市と言えばの藤子不二雄さん。

忍者ハットリくんの主題歌が流れており、

それを聞きながらゆっくり待つことに(^^♪

 

ちなみに今回来訪したときは、

平日で開店50分前に到着してすでに2組待ってました!

 

 
りょう
ちなみに近くに公共トイレあります(笑)

 

貪瞋癡さんは駐車場がありません💦

 

代わりに、「氷見市まちなかめぐり無料駐車場」が、

お店から徒歩3分くらいのところにあります!

お店から北に200m進んだ辺りで、

向かいにある郵便局が目印✨

 

実際お店の前に、路上駐車している車がありましたが、

変なリスク負うよりここに停めた方が無難です🖐

 

オススメは氷見産煮干ラーメン


 

予定より10分ほど早く入店ができました。

店員にアルコール消毒してもらってから入店です。

 

注文はオーダー制

他にトッピングなどで、

  • ライス:100円
  • 味たま:100円
  • 岩のり:50円

があります✨

 

お店は写真のように赤線の引いてある、2種類のラーメンを推しているようですが、

みなさん「氷見産煮干ラーメン」を注文されている方が多いです!!!

 

今回は佐藤健さんと千鳥さんの食べた「氷見産煮干ラーメン」と「白醤油ラーメン」をお願いしました。

気分だけは佐藤健さんです(笑)

 

店内の様子


 

店内は、奥に細長い作り。

居酒屋さんなので、少し薄暗く、シックな雰囲気があります😆

 

手前はカウンター席ですが、昼のラーメン提供時は解放されてません。

奥には、

  • カウンター席:4席
  • テーブル席:2卓×4

といった構成です。

 

 

お店は半分くらいは、

店主の手作りなんだとか。

お店の中にある古い大時計など、

アンティークのような置物も見ていて楽しいですね^^

 

「バナナマンのせっかくグルメ」にも、

過去に取材がありました。

みなさん、氷見に来たら絶対食べた方がいいでっせ😊

 

 

壁には、芸能人のポスターが直に書かれてます。

うーん、宮川大輔と千鳥しかわからんな(笑)

 

再訪問したらもっとサインが増えてました。

やっぱり誰のサインかよくわからんな~😅

 

 

カウンター席に着席。

卓上調味料はコショウのみ。

仕切り板などはありませんが、間隔は広めにとられています。

 

注文は、順番に聞かれますので慌てずに

店員さんが来るのを待ちましょう😀

 

氷見産煮干ラーメン


 

まずは、煮干ラーメンから到着。

ラーメンはトッピングと麺・スープが分かれた形で提供されます。

 

まさに黄金色したスープに、刻んだタマネギが添えられてます。

煮干の香りもほんのりします。

なんというか綺麗な見た目。

カウンター上にある照明がさらに綺麗に見せてますね。

 

 

透き通ったスープをゴクリ。

煮干をはじめとした魚介の味。

煮干の臭みはありません。

岩手で食べた「サムライブギー」・「に干し屋SHINCHAN」のような、強い煮干の主張はなし。

 

味付けはきつくなくあっさりで上品。

すっきりとした味わいは、

最後までゴクゴク飲んでしまいそう🤣

 

 

麺は、細麺のストレート。

あっさりとしたスープにも程よく絡みます。

 

噛めば弾力を感じ、最後はパッツンと切れますね。

小麦の風味もしっかりあり、嗅覚と

舌で美味さを感じることのできる麺です✨

 

(別皿のトッピングを盛り付けてみました🌸)
(しっとりと低温調理されたチャーシュー)

 

別皿のトッピングは、

  • 岩のり
  • ネギ
  • チャーシュー
  • メンマ
  • 味玉

のラインナップ。

 

「岩のり」は磯の風味が強いので、少量ずつ投入するのが良さそう。

特に味が濃くなるわけでもなく、ネギと同様でアクセントとして良し。

 

味玉は少し黄身がトロっとしたタイプ。

味付けはほんのり。

 

鶏と豚のチャーシューは意外と

味が付いており、肉感を感じつつ食べることができます。

 

メンマは厚切りですが、

柔らかく、味もしっかりとしみ込んでますよ( *´艸`)

 

白醤油ラーメン


 

煮干ラーメンから少し遅れて到着。

 

メンマやタマネギは煮干しラーメンと同じようですが、

チャーシューは豚ロース?使用で軽く炙ってますね。

しかも肉厚で食べ応えがあります。

 

 

麺は、煮干ラーメンと同様の麺ですね。

つるっとした食感が、

さらに箸を加速させます^^

 

 

魚介ベースなスープですが、

煮干とは違って、はまぐりのようなダシを強く感じます。

コクもありつつ、まろやかさもありますね💡

 

うーんどちらも美味かった。

麺は標準~若干少な目。

 

初の店内連食ですが、最後まで大変おいしくいただきました🙏🙏🙏

(※令和4年2月現在は混雑を避けるため1人1食までの注文に限ります。)

 

まとめ


 

お店を出たらこんな行列💦

まだ開店前に並んでおいた方がいいかも😅

 

はいっ!!ごちそうさまでしたーーー!!!

 

貪瞋癡さん、

思わず、スープを完飲してしまうくらいのラーメンです。

優しめのスープはくどくないのでゴクゴクと飲み干せますね。

そして、別皿のトッピングが味変アイテムとなり、

また違うラーメンの印象になります。

 

氷見というと、海鮮を食べに行くイメージがありますが、

是非このラーメンも食べて帰ってください。

氷見港の「魚市場食堂」は朝から営業し、かつ貪瞋癡さんから近いので、

おススメですよ^^

関連記事

氷見 魚市場食堂@富山県氷見市 「よく振ってからお飲みください。」は、開けちゃってから気付いちゃう。コーンがいつも底に残ってる”りょう”(Twitter:@web59350062)ですw 富山遠征シリーズの続き。前回は「貪[…]

 

ここまで最後までお読みいただきありがとうございました😎😎😎